Vuoi aiutare economicamente questo sito? Spiacenti, non accettiamo donazioni. Sorry, we ar not for sale. We are not liber, we are free!
Puoi farlo indirettamente acquistando il libro "Debito Formativo" di Valerio Di Stefano.
Oppure, acquisendo un abbonamento Audible per i nostri audiolibri. O per gli e-book su Mondadori Store. Oppure su Kobo.
Oppure... anche no! (Niente monetine da 2 euro, niente pizza o focaccia. Il caffè ci rende nervosi.)


This website is referral for adsterra.com, popcash.net, clickadu.com and iubenda.it!

Please visit our new website audiobookgratis.it and our brand new Encyclopaedia Britannica. It's absolutely free!

Now you can download our classical and etnic music archives in just one clic.

Privacy Policy - Cookie Policy - Termini e condizioni di servizio



Static Wikipedia: Italiano - Inglese - Francese - Spagnolo - Tedesco - Portoghese - Olandese - Polacco -
Russo - CineseTurco - Svedese - Swahili - Afrikaans - Vietnamita - Ebraico - Greco - Arabo - Coreano -
 Finlandese - Winaray - Giapponese - Ungherese - Bulgaro - Farsi - Danese - Hindi -
 Lituano - Lettone - Catalano - Euskera - Esperanto - Estone -Norvegese -Rumeno -

 Static Wikipedia - Other Languages:  aa - aab - als - am - amg - an -  arc- as - ba - bar - bat - bcl -  be - bh - bi - bm - bn - bo - bpy - br - bs - bug -
bxr
 - cdo - ce - ceb - ch - cho - chr - chy - co - cr - crh - cs - csb - cu - cv - cy- diq - dib - dv - dzee - eml  - ext -
 fa - ff - fiu - fj - fo - frp - fur - fy - ga - gan - gd - gl - glk . gn - got - gugv - ha - hak  - hif - ho - hr -
hsb  - hy - hz -ia- id - ie - ig - ii - ik - ilo - io - is - iu - jbo - jv - ka - kaa - kab - kg - ki - kj - kk - kl -
 km - kn - kr - ks - ksh - ku - kv - kw - ky - la - lad - lb - lbe - lg - li - lij - lmo - ln - lomdf - mg - mh -
 mi - mk - ml - mn - mo - mr - mt - mus -my - myv - mzn - na - nh - nap - ne - nds - new -ng - nn - nov -
nrm - nv - ny - oc - om - or - os - pag - pa - pdc - pih - pi - pms - ps - qu - rm - rmy - rn - rw -
 sa- sah - sc -scn - sco -sd - se - sg - sh - si - simple - sk - sl - sm - sn - so - sr - srn - ss - st -
stq - su - szl - ta - te - tet - tg - th - ti - tk - tl - tlh - tn - to - tpi - ts - tt - tum - tw - ty -
udm - ug - uk - ur - uz - ve - vec - vi - vls - vo - wa - war - wo - wuu -xal - xh - yi - yo - za - zea - zu -



Other Static Wikipedia: .org - .it - .net - .eu - com - controversi.org - literaturaespanola.es - Quality articles
Wikipedia for Schools: English - French - Spanish - Portuguese
101 free audiobooks - Stampa Alternativa - The Open DVD - Open Bach Project  - Liber Liber - PunchLibretti d'opera - Audioletture - Audible
Appunti di informatica libera - Conferenze - Audiobook PG - Bach Organ WorksEnglish PG -
Italiano PG - GNUtemberg - Guide LinuxAnonymous PG - Authors - ISO files -
Holy Bible: King James Version -  OnLine Bible - Spanish Reina Valera - French Segond - World English Bible - KJV Concordances - Concordanza Biblica

And don't forget our Wikipedia Dumps: HTML - JSONZIM

21世紀 - Wikipedia

21世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
10年紀: 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代 2040年代 2050年代 2060年代 2070年代 2080年代 2090年代

21世紀は、2001年から2100年までの100年間を指す。

目次

[編集] 21世紀の主なできごと

21世紀に入ってから今までに起こった現実世界での事象である。当然ながらフィクションは含まれない。

アメリカ同時多発テロ事件
アメリカ同時多発テロ事件

[編集] 政治

[編集] 科学技術

[編集] 自然災害

[編集] 社会

  • 2003年
    • 重症急性呼吸器症候群(SARS)、世界的な大流行。2003年7月に新型肺炎制圧宣言が出されるまでの間に、8,069名が感染し、775名が死亡した。
  • 2004年
    • 日本の人口がピークの1億2,760万7,000名(2005年2月、総理府の推計)に達し、以降人口は減少に転じる。

[編集] スポーツ

[編集] 予測される天文現象

[編集] 予定・予測

不確定要素が含まれるため全てが確実ではない。よって今後の世界情勢の動向によってはこの「予定・予測」通りに行かない可能性がある。

スペースシャトル後継機「オリオン」
スペースシャトル後継機「オリオン」

[編集] 科学技術予測

[編集] 21世紀における課題

現在は急激な文明の進歩の途上で発生した問題が山積している。どの問題も悪化し続ければ地球環境を破滅的な状態に追いやる危険性が存在する。現在、解決に向けた取り組みが世界各国で行われている。

環境技術(オトンルイ風力発電所)
環境技術(オトンルイ風力発電所)

[編集] 科学技術

21世紀においてもっとも期待されている技術として、環境技術と医療技術がある。20世紀から21世紀にかけての人口の増加と、人間活動の広がりは、地球環境への負荷を非常に大きなものとした。豊かな生活と環境負荷の軽減を両立させるために、新たな技術開発が切望されている。また、20世紀後半からの医学生物学生命工学の発展は著しく、再生医療遺伝子治療の実用化により、今まで決して治ることのなかった病気や老化による障害を治すことができるようになる可能性がある(トランスヒューマニズム)。一方社会の高齢化とあいまって、医療費の高騰も心配されている。

インターネットに接続されたコンピュータの数が増加するとともに、IPアドレスの不足が深刻化しつつある。ユビキタス社会の進展に伴って、今後IPv4からIPv6への移行が進むと見られている。また、携帯電話インターネットがテレビ・ラジオ・CD・新聞など既存のメディアを取り込んで情報化が進んでいる。近年コンピュータ・ウイルス不正アクセスによる被害が深刻になり、コンピュータセキュリティの問題が重視されている。

そのほか、バイオテクノロジーナノテクノロジーロボット技術の進歩にも大きな期待がかけられている。

[編集] フィクション

[編集] 20世紀における21世紀像

20世紀半ば~後半における21世紀の未来像の定番要素に「テレビ電話」、「壁掛けテレビ」、「空飛ぶ車」、「(超高速鉄道としての)リニアモーターカー」、「丸みを帯びた独特なビルの形状や上空を通る透明のチューブ」、「宇宙旅行惑星間の移動、月面基地、大規模な宇宙開発」、「一家に一台のロボット」などがあった。

[編集] 21世紀初頭の現状

[編集] コンピューター

「コンピュータ」に関しては、実際に21世紀初年の2001年前後に、インターネットでつながったパーソナルコンピュータ携帯電話デジタル家電などの情報機器が爆発的な普及をとげた。2000年代後半においてコンピュータはすでに「一家に一台」から「一人一台」を超え、「一人多数台」のレベルへと移行している。これらは、「20世紀における21世紀像」を大きく上回る進化を遂げ、個々のコンピュータの性能も1980年代のメインフレームを遥かに凌駕している。また、現在では自動車や自動販売機、家電製品、住宅設備をはじめとして、信号機などのインフラにいたるまであらゆる機器に組み込みシステムが埋め込まれつつあり、多くの人がそれと意識しないで毎日無数のコンピュータを利用するようになっている。今後はユビキタス社会への移行が進み、IPv6ICタグの普及によりあらゆる製品が通信機能をもつようになると言われている。

[編集] 電話

電話機はこれらをデザインした作品においても、固定端末であることが多かった。しかしすでに2000年代初頭、日本においては、携帯電話端末は小中学生が個人用に保有するまでに普及した。「テレビ電話」も21世紀初頭の現在において、携帯電話や固定電話ですでに実現されている。

[編集] テレビ

テレビの形状も21世紀初頭には、液晶テレビプラズマテレビの登場により薄型テレビが主流になり、従来のブラウン管型から完全に移り変わった。専用の器具を使えば当然、壁に掛けることも可能である。今後は有機EL技術などによる更なる軽量・薄型化やホログラム技術などによる立体描写可能な3Dテレビの登場が期待される。

[編集] 新聞・出版物の電子化

21世紀には新聞出版物(漫画小説など)が電子化されていくと言われている。21世紀初頭の現在においては紙媒体も変わらずに活用されているが、ニュースなどの情報新聞社や個人によってインターネット配信されており、徐々に新聞離れが起きているのが現状である。漫画や小説、その他の出版物のネット配信もされているが、現状では紙媒体の代替と言えるまでには活用されていない。今後は有機EL技術などにより電子ペーパー媒体の普及が期待されており、新聞や出版物の電子化も進展すると思われる。

[編集] 自動車

浮上可能な自動車である「エアカー」は実現していない。だが、もともと、転がり装置で車重を支える現状の自動車の形態に対して、わざわざ浮上に大出力機関を用いる方式は、理論的に非効率で、環境問題が重視されるようになったこともあり、実現性は低いと思われる。しかし、化石燃料を燃料とする内燃機関により駆動される現在の形態は、今後、大幅に変化していくと思われる。現に石油価格は消費量の増大に伴って値上がりしており、軽自動車などの低排気量車両、ハイブリッドカー低公害ディーゼル車などの燃費に優れた内燃機関車の高性能化とその普及が期待されるが、燃料電池車を含む電気自動車の普及については現状ではまだコスト高なのが課題である。

情報化の波は自動車も例外でなく飲み込み、高知能自動車(スマートカー)の開発・実用化が進んでいる。「高度道路情報システム」(ITS)と連動して、車間距離を保ったり、道路交通情報がリアルタイムで取得可能になると言われている。また、自動車の「自動運転システム」についても現在実験が進んでおり、2015年を目処に実用化を目指している。まずは高速道路などで実用化されていくであろう。

[編集] 鉄道

「超高速鉄道」は、リニアモーターカーではなく、従来の鉄輪式による新幹線において、すでに20世紀末の1997年山陽新幹線500系の登場により、300km/hでの営業運転を開始している。しかし、その形態は20世紀日本の象徴ともいえる0系200系とは、まったく異質のデザインとなっている。

なお、2005年には中速式のHSSTではあるが、愛知高速交通東部丘陵線で磁気浮上式リニアモーターカーの運転が始まった。また、高速鉄道としての磁気浮上式リニアモーターカーについては、JR東海2025年をめどにジェイアール式マグレブによる東京名古屋間の営業運転開始を目指すと発表している。

[編集] 街並み・建築

日本の「街並み」は20世紀後期に高層化が進み、都市部においては中高層のオフィスビル集合住宅が林立するようになった。もっとも、建築物のデザインとしては1970年代以降、大幅には変わっておらず、一部では建物の中に太陽光を取り入れるなど新しい試みはされているものの、モダニズム建築から派生した無個性なものばかりになってしまっている。現実に存在する21世紀の建築物のほとんどは、合理性・機能性・コスト削減の追求により過去のSFに登場するような建築物とは程遠いのが現状である。

[編集] 宇宙開発・宇宙旅行

宇宙開発の分野は20世紀のフィクションと比べて著しく遅れている。これは、冷戦下における超大国同士の競争として莫大な資金をつぎ込まれていた宇宙開発が、米ソ両国の財政状況により1970年代以降鈍化し、冷戦の終結とともに停滞したことや、宇宙速度を振り切って大量の資材を搬送するという宇宙開発の原理的困難が解決される見通しがついていないことが要因に挙げられよう。

莫大なコストに比べて運べる資材の量が少なく、また地球上の諸問題への対策に国家予算がまわされることで、宇宙開発に当てられる予算が減らされ財政的な面からも宇宙開発は困難な状況である。

一方で資材の搬送を容易にするために、赤道上に軌道エレベーターを建設するプロジェクトが全米宇宙協会などにより進められている。材料にカーボンナノチューブを使用し、2018年4月12日の開通を目指している。また、アメリカ航空宇宙局(NASA)は2020年までに再度月面の有人探査を行い、その後に火星の有人探査も実現する計画である。同時に月面基地建設の構想もあり、2024年頃には長期滞在を可能にするとしている。

宇宙旅行については、21世紀初頭の現在において未だ気軽にできるものではないが、複数の民間企業が企画・開発しており近い将来には数日以上の滞在が可能になるであろう。

[編集] 総括

21世紀は、20世紀においてはまさに"夢"の時代であった。実際に21世紀に入ってみると、コンピュータと情報通信技術に限って言えば予想を超える爆発的な進化を遂げているが、そのほかの分野ではその夢の多くは未だに実現していない。人工知能や家庭用ロボットはごく限定的な応用に限られており、一般的な宇宙旅行もほとんど実現していない。むしろ、20世紀において顕在化した環境問題や先進国の高齢化社会など夢より現実に起こっている諸問題への解決が21世紀では強く求められている。


[編集] 10年紀と各年

2000年代 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
2010年代 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
2020年代 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029
2030年代 2030 2031 2032 2033 2034 2035 2036 2037 2038 2039
2040年代 2040 2041 2042 2043 2044 2045 2046 2047 2048 2049
2050年代 2050 2051 2052 2053 2054 2055 2056 2057 2058 2059
2060年代 2060 2061 2062 2063 2064 2065 2066 2067 2068 2069
2070年代 2070 2071 2072 2073 2074 2075 2076 2077 2078 2079
2080年代 2080 2081 2082 2083 2084 2085 2086 2087 2088 2089
2090年代 2090 2091 2092 2093 2094 2095 2096 2097 2098 2099
2100年代 2100 2101 2102 2103 2104 2105 2106 2107 2108 2109